保健師の収入について

産業保健師になろうとしている人の中には収入面を気にしている人も多いと思いますが、企業に勤務する保健師でも、勤続年数が長くて、企業内の保健師をまとめるような位置にいるリーダー的な保健師になれば一流企業の役職者同等の給料をもらっている人はたくさんいると言われています。

保健師の資格を持っていれば、民間企業で募集される臨時職員やパートやアルバイトでも、一般の人達よりも収入面でかなり優遇されることになり、時給にするとほとんどが1,000円を超える場合がほとんどです。

このように、企業保健師は職場によってはかなり稼ぐことができるため、収入にこだわって保健師の求人を探す場合は、保健師の求人をいろいろ探してみることをおすすめします。

参照記事:産業保健師の資格 | 産業保健師の求人募集・転職サイト

転職サイトがおすすめの理由とは

条件の良い産業保健師の求人を見つけるためには、保健師の転職サイトを利用することがおすすめとなっています。

保健師の転職サイトでは、一般には募集が出ていない好条件の非公開求人をたくさん持っています。自分が希望する額を伝えることで、それに合わせた職場を専任のカウンセラーがいろいろな案件の中から選んで教えてくれます。

さらに給与面だけではなく、その他の条件に当てはまる一番良い職場をチョイスしてくれます。

保健師の転職サイトがおすすめできるのは他にも理由があり、一般の求人情報では分からない細かい仕事内容なども事前にきちんと確認することできるようになっています。

転職サイトによっては事前にカウンセラーが希望の職場に出向いて細かく調査してくれたり、本人が事前に職場見学をすることができるサービスなども用意されています。

看護師としてのキャリア

現在保健師は今では必ず看護師の資格を持っていなければいけなくて、中には保健師としては新人だとしても、看護師としてのキャリアは十分に持っている人も多く、そのような人の場合は新人保健師でもいろいろな条件の良い職場に転職することが有利となっています。

保健師には学校保健師と産業保健師と行政保健師がいますが、いずれの場合も看護師の経験を活かせる職場が多くなっていて、そのような職場においては保健師としてよりも看護師としての経験を必要とされる場合も多く見られます。

もちろん保健師としての仕事には事務作業もある場合も多いので、看護師の経験をそれほど持っていない保健師でも、必要とされる職場はいろいろ用意されているので心配いりません。